2006年11月24日

ベネズエラ革命にとっての挑戦
マイケル・レボウィッツとのインタビュー
〔Interview with Michael Lebowitz
Challenges for Venezuela's Revolution :Original Article in English/Venezuelanalysis 原文

コラル・ウィンター&ジム・マキルロイ〔Coral Wynter and Jim McIlroy 〕Green Left Weekly ;2006年11月13日

マイケル・レボウィッツはベネズエラのボリバル革命の分析と評議のための、カラカスを本拠地とする協会、ミランダ国際センター〔Centro Internacional Miranda 〕(CIM)の所長であり、カナダのサイモンフレーザー大学経済学部の名誉教授であり、最近出版された『Build it Now: Socialism for the Twenty-first Century〔今築け:21世紀の社会主義:原書』を含む、マルクス主義と社会主義についての複数の本の著者である。彼はグリーン・レフト・ウィークリー誌の コラル・ウィンターとジム・マキルロイに、ベネズエラで展開中の革命について語った。

「ここでは魅力的な変化が進展しています」とレボウィッツは説明した。「この変化は[大統領ウゴ・]チャベスの[1998年の]当選をもって始まったのですが、[1999年の][ボリバル]憲法の制定によって重要な形態と成りました。この憲法には非常に独特の要素が含まれています。特に、人間の発展を主眼とし、ひとりひとりの個性の最大の発展に焦点を置き、そしてそれが生じるのは実践を通してのみである、という明確な認識です。」

「闘争における意義のある実践を通してのみ、人々は彼ら自身を発展させることが出来る。つまり、それらは単に憲法の抽象概念なだけではなく、それらは自主経営や自己統治のような社会制度に対する確固とした言及なのです。

「とはいえ、この憲法自体が矛盾した文書なのです。上記の側面がある半面、民間企業や民間資本に対する支援や、中央銀行の独立の維持や、その他の要素が含まれています。というわけで、これはその時点の意識の段階及び、当時出現した連合が反映されたものなのです。

〔反政府派の動きがなかった場合〕それがどの方向へと向かったであろうかは、私にははっきりとは分かりません。しかし、マルクスが説明したように、奴隷所有者の反乱は、剣を社会革命の手に置くのであり、その結果それはより早く進展するのです。それがまさに、憲法[を履行する]過程の効力を高める法に対する[右翼からの]反対を伴って、ベネズエラで起きたことです。

「その後に比較的敏速に逆転した[2002年4月の]クーデターがあり、また更に重要であったのは、[2002年12月から2003年2月までの]数ヶ月続いた経営者のロックアウトでした。その期間に、あっという間に起きたクーデターとクーデターの逆転の間よりも更に、人々の意識は非常に大きく拡大しました。その[ロックアウトの]より長い期間[が意味したことは]互いに集まり、共に取り組むことであり、その結果新しい集団が現れたのです。

「そうの様にして当時、2002年と2003年初頭の情勢の後、革命は著しく前進し始めたのです。そしてチャベスが当時語り始めた事柄の類、社会的経済〔social economy 〕なのですが、が意味したことは、彼が社会主義について語り始めたときそれは巨大な飛躍ではなかった、ということです。なぜなら彼は既に社会的経済に関する事柄を述べていたのだから。とはいえ、彼が社会主義について語り始めた時、それは人々の意識を変え始める大いなる過程であったので、それは重要な事でした。それが、庶民の意識を発展させるという見地から、チャベスが教師として又指導者として担う役割なのです。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:39 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。