2006年11月18日

ベネズエラ:もうひとつのクーデター進行中か?
〔Venezuela: Another Coup In The Making?:Original Article in English/ZNet原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson〕;2006年11月17日

2002年4月11日に、実業家、政治家や陸軍士官の集団は、主要な全国メディアの協力と連係して、ベネズエラの大統領であるウゴ・チャベスを誘拐し、国政を乗っ取った。19人の死者が出た二日間の後、クーデターは結局失敗し、大統領は政権に復帰した。裕福な実業家らや寡頭政治支配者らは、大衆の人望がある大統領を取り除くことが出来なかった。しかし、最近の情勢は、彼らが近いうちに別の企てに出る印象を与える。

大部分の世論調査が、来る12月の選挙でチャベスが大いに優勢であることを示していることから、12月3日の大統領選挙で誰が勝利するのか疑う余地は殆どない。とはいえ、ベネスエラの野党候補らと反対派メディアには、チャベスや彼の政党が選挙で勝利する度に不正を主張する習癖がある。来る選挙のための準備は、ベネズエラの主流メディアがしきりに不正の可能性に言及し、選挙が透明でないと主張する中、既に整えられている。疑問は残る。つまり、過去数ヶ月の間に行われた多数の調査 訳注1が、選挙は接戦にすらならないことを示している状況で、なぜ彼らは不正を主張できるのか? そして二番目に、容易に勝利できるのが明らかな状況で、なぜチャベス政権は不正を働くのか? 答えは、その全てが12月3日の選挙に続く数日に政権を転覆する計画の一環である、というものである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:08 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。