2006年11月12日

ボリバルの夢の再来のための希望のかがり火
昔の面影を失ったオルテガの勝利は、それでもなお中南米で浸透する変化に対する更なる要求の表明
〔A Beacon of Hope for the Rebirth of Bolívar's Dream
A shadow of his former self, Ortega's victory is still an expression of the wider demand for change sweeping Latin America:Original Article in English/ZNet原文

タリク・アリ〔Tariq Ali〕Guardian;2006年11月10日

教会に祝福され、元コントラを副大統領として側近に就け、依然として米国大使に忌み嫌われているダニエル・オルテガは、さえなく昔の面影を失ったかもしれないとはいえ、彼の勝利は疑いなくニカラグア人らの変化への欲求を反映している。〔ニカラグア首都〕マナグアは反帝国主義的〔ベネズエラ〕カラカスの徹底的な再分配の政策に続くのであろうか? あるいは自らレトリックに引きこもり、国際通貨基金〔IMF〕の依存国に留まるのであろうか?

オルテガの勝利は中南米が再び進展する中起きた。これまで、大衆意志の目覚しい示威運動が、ほんの少し都市の名を挙げれば、ポルト・アレグレ〔ブラジル〕、カラカス、ブエノス・アイレス〔アルゼンチン〕、コチャバンバ〔ボリビア〕やクスコ〔ペルー〕で進展している。これは、新自由主義の無感覚に埋没する(欧州連合、米国、極東)、あるいは新たな秩序の軍事・経済的な強奪に苦しんでいる(イラク、パレスチナ、レバノン、アフガニスタン、南アジア)世界にとっての新しい希望となっている。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:30 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。