2006年11月05日

中南米:右翼の圧制到来
〔Latin America: the heavy hand of the Right arrives:Original Article in English/ZNet原文

ヘナーロ・カロテヌート〔Gennaro Carotenuto〕Rebelión;2006年10月28日

人々の失踪、偽の書類、動き始めた秘密諜報機関、選挙不正、国連での戦い、ボリビアにおける一触即発のクーデター、闘争者や政治指導者らの生命に対する脅迫。中南米の春〔Latin American Spring:primavera latinoamericana 〕にとって、反動に対抗する力量を示すときである。

少数以上の者にって、中南米の春はパーティーのようであった。いくつもの社会運動があまりにも容易に政権へと変わったので、なぜそれが以前にも起こらなかったのか人は不思議に思った。アルゼンチンのネストル・キルチネルのような、はからずも選出された大統領らは、合意をかき集め、免責を一掃する手腕を見せた。ブラジルの土地なし農民の様な急進的な諸運動――先代の犠牲者の子供達――は慎重に政治に関与している。

2002年4月11日に、通常の構成要素の全てを伴い計画されたクーデターですら、ボリバル革命の参加型民主主義によって一掃された。2005年末の〔アルゼンチンの〕マルデルプラタにおいて、大衆運動や新しい種類の指導者らは、米州自由貿易地域〔FTAA〕とジョージ・ブッシュに対して、前代未聞の「No!」を叫んだ。アルゼンチンとブラジルは、IMFに〔負債を〕清算した。彼らはこれ以上偏った勧告を望んでいない。地域統合はようやく、社会的包摂〔social inclusion〕を最優先する大陸を構想している。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:33 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。