2006年11月24日

ベネズエラ革命にとっての挑戦
マイケル・レボウィッツとのインタビュー
〔Interview with Michael Lebowitz
Challenges for Venezuela's Revolution :Original Article in English/Venezuelanalysis 原文

コラル・ウィンター&ジム・マキルロイ〔Coral Wynter and Jim McIlroy 〕Green Left Weekly ;2006年11月13日

マイケル・レボウィッツはベネズエラのボリバル革命の分析と評議のための、カラカスを本拠地とする協会、ミランダ国際センター〔Centro Internacional Miranda 〕(CIM)の所長であり、カナダのサイモンフレーザー大学経済学部の名誉教授であり、最近出版された『Build it Now: Socialism for the Twenty-first Century〔今築け:21世紀の社会主義:原書』を含む、マルクス主義と社会主義についての複数の本の著者である。彼はグリーン・レフト・ウィークリー誌の コラル・ウィンターとジム・マキルロイに、ベネズエラで展開中の革命について語った。

「ここでは魅力的な変化が進展しています」とレボウィッツは説明した。「この変化は[大統領ウゴ・]チャベスの[1998年の]当選をもって始まったのですが、[1999年の][ボリバル]憲法の制定によって重要な形態と成りました。この憲法には非常に独特の要素が含まれています。特に、人間の発展を主眼とし、ひとりひとりの個性の最大の発展に焦点を置き、そしてそれが生じるのは実践を通してのみである、という明確な認識です。」

「闘争における意義のある実践を通してのみ、人々は彼ら自身を発展させることが出来る。つまり、それらは単に憲法の抽象概念なだけではなく、それらは自主経営や自己統治のような社会制度に対する確固とした言及なのです。

「とはいえ、この憲法自体が矛盾した文書なのです。上記の側面がある半面、民間企業や民間資本に対する支援や、中央銀行の独立の維持や、その他の要素が含まれています。というわけで、これはその時点の意識の段階及び、当時出現した連合が反映されたものなのです。

〔反政府派の動きがなかった場合〕それがどの方向へと向かったであろうかは、私にははっきりとは分かりません。しかし、マルクスが説明したように、奴隷所有者の反乱は、剣を社会革命の手に置くのであり、その結果それはより早く進展するのです。それがまさに、憲法[を履行する]過程の効力を高める法に対する[右翼からの]反対を伴って、ベネズエラで起きたことです。

「その後に比較的敏速に逆転した[2002年4月の]クーデターがあり、また更に重要であったのは、[2002年12月から2003年2月までの]数ヶ月続いた経営者のロックアウトでした。その期間に、あっという間に起きたクーデターとクーデターの逆転の間よりも更に、人々の意識は非常に大きく拡大しました。その[ロックアウトの]より長い期間[が意味したことは]互いに集まり、共に取り組むことであり、その結果新しい集団が現れたのです。

「そうの様にして当時、2002年と2003年初頭の情勢の後、革命は著しく前進し始めたのです。そしてチャベスが当時語り始めた事柄の類、社会的経済〔social economy 〕なのですが、が意味したことは、彼が社会主義について語り始めたときそれは巨大な飛躍ではなかった、ということです。なぜなら彼は既に社会的経済に関する事柄を述べていたのだから。とはいえ、彼が社会主義について語り始めた時、それは人々の意識を変え始める大いなる過程であったので、それは重要な事でした。それが、庶民の意識を発展させるという見地から、チャベスが教師として又指導者として担う役割なのです。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:39 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2006年11月18日

ベネズエラ:もうひとつのクーデター進行中か?
〔Venezuela: Another Coup In The Making?:Original Article in English/ZNet原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson〕;2006年11月17日

2002年4月11日に、実業家、政治家や陸軍士官の集団は、主要な全国メディアの協力と連係して、ベネズエラの大統領であるウゴ・チャベスを誘拐し、国政を乗っ取った。19人の死者が出た二日間の後、クーデターは結局失敗し、大統領は政権に復帰した。裕福な実業家らや寡頭政治支配者らは、大衆の人望がある大統領を取り除くことが出来なかった。しかし、最近の情勢は、彼らが近いうちに別の企てに出る印象を与える。

大部分の世論調査が、来る12月の選挙でチャベスが大いに優勢であることを示していることから、12月3日の大統領選挙で誰が勝利するのか疑う余地は殆どない。とはいえ、ベネスエラの野党候補らと反対派メディアには、チャベスや彼の政党が選挙で勝利する度に不正を主張する習癖がある。来る選挙のための準備は、ベネズエラの主流メディアがしきりに不正の可能性に言及し、選挙が透明でないと主張する中、既に整えられている。疑問は残る。つまり、過去数ヶ月の間に行われた多数の調査 訳注1が、選挙は接戦にすらならないことを示している状況で、なぜ彼らは不正を主張できるのか? そして二番目に、容易に勝利できるのが明らかな状況で、なぜチャベス政権は不正を働くのか? 答えは、その全てが12月3日の選挙に続く数日に政権を転覆する計画の一環である、というものである。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 22:08 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2006年11月12日

ボリバルの夢の再来のための希望のかがり火
昔の面影を失ったオルテガの勝利は、それでもなお中南米で浸透する変化に対する更なる要求の表明
〔A Beacon of Hope for the Rebirth of Bolívar's Dream
A shadow of his former self, Ortega's victory is still an expression of the wider demand for change sweeping Latin America:Original Article in English/ZNet原文

タリク・アリ〔Tariq Ali〕Guardian;2006年11月10日

教会に祝福され、元コントラを副大統領として側近に就け、依然として米国大使に忌み嫌われているダニエル・オルテガは、さえなく昔の面影を失ったかもしれないとはいえ、彼の勝利は疑いなくニカラグア人らの変化への欲求を反映している。〔ニカラグア首都〕マナグアは反帝国主義的〔ベネズエラ〕カラカスの徹底的な再分配の政策に続くのであろうか? あるいは自らレトリックに引きこもり、国際通貨基金〔IMF〕の依存国に留まるのであろうか?

オルテガの勝利は中南米が再び進展する中起きた。これまで、大衆意志の目覚しい示威運動が、ほんの少し都市の名を挙げれば、ポルト・アレグレ〔ブラジル〕、カラカス、ブエノス・アイレス〔アルゼンチン〕、コチャバンバ〔ボリビア〕やクスコ〔ペルー〕で進展している。これは、新自由主義の無感覚に埋没する(欧州連合、米国、極東)、あるいは新たな秩序の軍事・経済的な強奪に苦しんでいる(イラク、パレスチナ、レバノン、アフガニスタン、南アジア)世界にとっての新しい希望となっている。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 22:30 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2006年11月05日

中南米:右翼の圧制到来
〔Latin America: the heavy hand of the Right arrives:Original Article in English/ZNet原文

ヘナーロ・カロテヌート〔Gennaro Carotenuto〕Rebelión;2006年10月28日

人々の失踪、偽の書類、動き始めた秘密諜報機関、選挙不正、国連での戦い、ボリビアにおける一触即発のクーデター、闘争者や政治指導者らの生命に対する脅迫。中南米の春〔Latin American Spring:primavera latinoamericana 〕にとって、反動に対抗する力量を示すときである。

少数以上の者にって、中南米の春はパーティーのようであった。いくつもの社会運動があまりにも容易に政権へと変わったので、なぜそれが以前にも起こらなかったのか人は不思議に思った。アルゼンチンのネストル・キルチネルのような、はからずも選出された大統領らは、合意をかき集め、免責を一掃する手腕を見せた。ブラジルの土地なし農民の様な急進的な諸運動――先代の犠牲者の子供達――は慎重に政治に関与している。

2002年4月11日に、通常の構成要素の全てを伴い計画されたクーデターですら、ボリバル革命の参加型民主主義によって一掃された。2005年末の〔アルゼンチンの〕マルデルプラタにおいて、大衆運動や新しい種類の指導者らは、米州自由貿易地域〔FTAA〕とジョージ・ブッシュに対して、前代未聞の「No!」を叫んだ。アルゼンチンとブラジルは、IMFに〔負債を〕清算した。彼らはこれ以上偏った勧告を望んでいない。地域統合はようやく、社会的包摂〔social inclusion〕を最優先する大陸を構想している。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:33 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。