2006年10月27日

「地に呪われたる者」国連で尊厳の声を上げる
〔The "Wretched of the Earth" Raise Their Voices of Dignity in the UN:Original Article in English/ZNet原文

カロル・デルガド〔Carol Delgado 〕Venezuelanalysis.com ;2006年10月22日

大部分の新聞が、国連で起きている安全保障理事会の議席を争う闘いを、グアテマラが殆どの投票回数でベネズエラを打ち破ってきた、と描いている。だがこれは、これまで起きてきた事の簡略化しすぎた見方である。それどころか、ベネズエラ立候補の成功は、勝ったあるいは負けた回数の見地から測ることは出来ない。なぜなら、声無き者たちの尊厳と意見は、調整されたり、沈黙させられたり、打ち負かされることはないからである。ベネズエラを支持する諸国の尊厳は、それが売りに出されていない故に、国連で理解されることはない。これらの諸国は彼らの国民のためのより良い未来のために闘う決心をしている。更に、この闘いは単に戦争に限ってはおらず、ひとつの原子爆弾よりも更に無慈悲に、また徐々に一般市民人口を殲滅する非人間的な経済制裁に関してでもある。それは更に戦争やIMF〔国際通貨基金〕や、世界銀行の構造調整プログラムによって隷属させられた子供たち、男性たちや女性たちが抱く、公正への歴史的な渇望についてなのである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:10 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。