2006年10月14日

フェリスの奇跡と包括的キューバ・ベネズエラ関係
〔Felix’s Miracle and the Convenio Cuba-Venezuela :Original Article in English/ZNet原文

マイケル・フォックス〔Michael Fox 〕Venezuelanalysis.com;2006年8月28日

フェリス・ホセ・エスピノーサ・レデスマは、南米最大のひとつで最も暴力の多い都市、ベネズエラの首都カラカスのタクシー運転手である。住所や電話番号を読む時わずかに細めた彼の目や、大きな印字がなければ、わずか1年半前に、彼が死の床につき、視覚がほぼ完全に無くなり、かろうじて生きながらえようとしていたとは予想もつかないであろう。

それが彼に起こるとは思いもよらなかった。カラカス消防署での35年間に、免許を持つ看護士及び救急医療技術者として、患者を直に治療しながら、人々が死に行くのを見てきた。したがって、最初の症状――のどの渇きの増加、足の感覚の喪失、脚の力の衰え――に気づき始めたとき、彼はそれを顧みなかった。

しかしそれは彼の世界が周りで崩れ去る以前であり、医者は彼が既に知っていたことを確証した。フェリス・エスピノーサは糖尿病にかかっていた。つかの間の数年の後、ある疾病休暇の最中に、ある用紙に署名しに事務所に着くと、そこには彼の退職用紙もあった。彼らは彼に祝福を述べ、彼と握手をし、家に送り返した。フェリスは退職を望んでいなかった。彼の症状は、ベッドを離れることができなくなるまで重くなった。彼の生きる意志は次第に消えていった。

彼の連れ合いは、何かをしなければいけないと決心した。彼女は助けを求めて、彼の消防署の元同僚に電話を掛けた。フェリスが「奇跡」としか言い表せない進展を引き起こした一本の電話を。

一週間後、フェリスは車椅子で身を起こして座ることが出来ない程に重症で、キューバ航空機に運び込まれた。3時間半が過ぎ、2005年1月中旬の水曜の午後、飛行機はハバナ郊外のホセ・マルティ国際空港に着陸し――滑走路から青々とした野原が広がり、カリブ海の空には厚い太陽が深く沈み行き――そして、フェリスは飛行機から運び出され、その後には治療のためキューバを目指した150人のベネズエラ人の仲間が続いた。フェリスと他の患者らは空港から運び出され、島全域の別々のホテル、センターや病院に分散された。

1年足らず後の昨年12月、フェリスは再び水曜の便に乗り込んだ。今回は、彼自身の2つの足で、今回は、ほぼ完全な視覚で、そして今回は、我が家に向かって。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:35 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。