2006年10月06日

米州ボリバル代替構想(ALBA)の定義
〔Defining the Bolivarian Alternative for the Americas - ALBA:Original Article in English/ZNet原文

マイケル・フォックス〔Michael Fox〕Venezuelanalysis.com;2006年8月25日

2001年12月、マルガリータ島におけるカリブ諸国連合の第3回首脳会議において、チャベス大統領が、その構想を初めて提案して以来、米州ボリーバル代替構想(ALBA)に関して多くのことが書かれ、また理論が立てられてきた。

ALBAは、米国が支持する米州自由貿易協定〔FTAA〕への対抗策として既によく知られている。協力と連帯を基にしながら、経済的持続可能性も忘れない代替案である。それぞれの国が自らの主権を維持し、また国をそれ自体の必要性と要求に応じて発展させることが出来るようにするべく、多国籍の競争や、新自由主義の自由貿易から袂を分かつ新しい道を作るために構築された。中南米に更なる負債を抱えさせ、既に重度であった不平等の割合を拡大させた民営化や自由貿易協定や構造調整政策の波を通して、90年代に中南米全域に広まった経済的植民地化との関係を断つことに基礎を置いている。

だが依然として多くの疑問があり、議論は続いている。「ボリーバルの代替案」を構成するものは正確には何なのか、ALBAの壮大な傘下には如何なる計画、協定や合弁が含まれるのか、そしてこの「代替案」を区別するものは厳密に言って如何なるものなのか。ALBA自体、進行中の事業である。それに向けてキューバやベネズエラ、ボリビアや他の中南米が、ALBA専門家の言に拠れば、「第一歩を踏み出している。」

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:01 | TrackBack(1) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。