2006年09月14日

ウゴ・チャベス、ブッシュ帝国への挑戦
〔Hugo Chavez challenges Bush's empire:Original Article in English/ZNet原文

フェデリコ・フエンテス〔Federico Fuentes〕Green Left Weekly;2006年9月9日

8月12日のベネズエラ大統領選挙運動の公式の開始は、社会主義者ウゴ・チャベス大統領によって率いられた革命的政府を打倒するワシントンの計画における新局面を開いた。

表向きには、12月選挙の反対派の主要候補は、現スリア州知事のマヌエル・ロサレスである。しかし本当の対決は、米国帝国主義という既に危うい帝国に対する更なる一撃に対していかなる手段によっても抵抗するであろうブッシュ政権の戦争屋達と、チャベスによって率いられた、展開している民衆の力の革命との間で行われる。ほぼ確実にチャベスが勝利することを示す世論調査と共に、彼の支持者らは大胆な目標を掲げた――彼が最後に対面した投票でチャベスが勝ち取った約500万票を凌ぐ、1千万票の確保である。

米国支配階級エリートは最悪の事態を恐れいている。すなわち、ベネズエラの「ボリバル革命」の二重の勝利である。12月の圧倒的勝利が、民衆第一の政策で企業を押しのける更なる為政権をチャベスに与える可能性があるのみではなく、10月にベネズエラは国際連合安全保障理事会の非常任議席を獲得する可能性もある。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:03 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。