2006年09月08日

ベネスエラの革命を推し進める女性達
〔Women Propel Venezuela’s Revolution Forward :Original Article in English/venezuelanalysis 原文

エレナ・モーラ〔Elena Mora 〕People's Weekly World ;2006年8月29日

カラカス、ベネズエラ――Venezuela: Ahora es de todos! 国旗の色で描かれた3人の子供の単純な図柄の下に書かれた、この標語は、「ベネズエラ:今、皆のために」という意味である。

この標語は、ボリバール革命とウーゴ・チャベス大統領の政府による、野心的で刺激的な社会的公正の目標を旨く捕らえている。政府は「21世紀の社会主義」の意味についての公共討議を来年開始するべく準備に入った。

そしてベネズエラの人々の問題と要求は莫大である。チャベス当選以前の20年間に、貧困は人口の80パーセントを包括して拡大し、富者と貧者の間の格差は世界最大のひとつであり、そして国内総生産は着実に下落していった。この「新自由主義的」緊縮財政と社会福祉の縮小の期間に、非識字が広く行き渡り、公衆衛生が重要問題ではなかったことは驚くことではない。

利益を守る女性達

その全てが変化し始めたのは、1999年にチャベスが公職に就いたときである。そしてそれ以来、多数の貧者や労働者階級の人々が、チャベス政権の公共事業計画や社会計画、また新しい社会を構築するよう一般の人々を参加させる努力から利益を得てきたのだが、女性達こそが最も益を得てきた。

2002年4月に、ベネズエラの裕福な支配階級の右翼勢力がチャベス大統領を打倒し、彼の野心的な新政府を挫折させようと試みた時、彼らのクーデターの試みが失敗したのは、数十万人のベネズエラ人が大統領を支持するために結集し、カラカスの政府庁舎やメディア支部周辺の街頭を数日の間占拠したからである。

ベネズエラ共産党(CPV)の党員で、女性の党任務の指導者であるエレナ・リナレス〔Elena Linares 〕と行われた最近のインタビューの中で、その重大な時に街頭に出た人々の大多数が女性であった、と彼女は述べた。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:06 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。