2006年09月28日

ブッシュは悪魔か?
〔Is Bush A Devil? :Original Article in English/venezuelanalysis 原文

チャールズ・ハーディー〔Charles Hardy 〕21st Century Socialism.com ;2006年9月25日

先日の米国滞在中に、ある女性が、ディック・チェイニー副大統領は邪悪な人だと思う、と言うのを私は聞いた。彼女の姉妹は、世界情勢に関して〔彼女とは〕異なる見解を持っており、全てのアラブ人は邪悪だと思うと言った。過去数年の間、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、世界における悪の枢軸〔axis of evil=邪悪の枢軸〕について語ってきた。そして、わずか数日前に、ベネズエラのチャベス大統領がブッシュ大統領は悪魔である、と述べた。まず最初に、邪悪に関する私の個人的な見解を述べさせていただきたい。邪悪な人々がいるとは、私は信じていない。悪事を働く人々はいる(私は「邪悪」という言葉が好きではない)のだが、そのことが彼らを悪にすることはない。これまでの人生で私は悪いことをしたことがある。誰もがそうである。そのことが私達を悪い人間にすることはない。

二番目に、人を邪悪や悪魔に結びつけるのは私の好みではない。あるとき私は、アルゼンチンで拷問された経験を持つ司祭に、ひとりの人間が如何にしたら他人を拷問できるのか尋ねたことがある。彼は、彼の拷問者が、彼を人間であることを否定していたと答えた。私が記憶している彼の言葉はこうだった。「私は司祭の格好をした悪魔であり、そうであるが故に彼らは私に如何なることでもすることができる、と彼らは言った。」

第三に、私は人の悪口を言うのが好きではない。それが最低の論争の仕方であると私は高校で習った。それは傷つけることができ、笑いを誘うことができるが、公正な議論に役立つことはない。

以上を述べたところで、国際連合におけるチャベスの演説に対する反響についての私の分析を紹介したい。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 21:16 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2006年09月23日

当翻訳記事は英文演説草稿からの訳であり、その草稿は日刊ベリタによれば「オリジナルに比べて欠落部分が多く、一部には誤訳がみられる」とのこと。「チャベス大統領の生きた言葉に耳を傾けたい」方はベリタ記事(有料)を参照のこと。またスペイン語演説草稿は国連サイト(PDFファイル)や、HTMLファイルでは以下(ここここここ)参照。演説の映像(リアルメディア・ストリーミング)は国連のウェブキャスト(英語及びスペイン語)で見ることができる。(追記日:2006年10月3日)


チャベス国連演説
〔Chavez Addresses the UN:Original Article in English/ZNet原文

ウゴ・チャベス〔Hugo Chavez〕;2006年9月21日

議長、大使、国家元首、首脳や他の政府代表者のみなさん、おはようございます。

第一に、敬意を表して、ノーム・チョムスキーによるこの本を強くお勧めします。チョムスキーは、米国と世界で高名な知識人のひとりです。彼の最近の本の一つは『覇権か、生存か――アメリカの世界戦略と人類の未来』です訳注1。20世紀の世界で起きたことや、現在起きていること、そしてこの惑星に対する最大の脅威――すなわち北米帝国主義の覇権的な野心が、人類の生存を危機にさらしていること――を理解するのに最適な本です。

我々はこの脅威について警告を発し続け、この脅威を止めるよう米国人彼ら自身や世界に呼びかけて行きます。この脅威は我らの頭上に吊るされたダモクレスの剣訳注2に似ています。この本から引用することを考えましたが、時間の都合上、ただ推薦するにとどめておきます。容易に読むことが出来ます。これはとても良い本です。議長、貴女も熟知していることと存じます。

(拍手)

この本は英語、ロシア語、アラビア語、ドイツ語に訳されています。

この本をまず読むべき人々は米国の兄弟姉妹たちである、と私は思います。なぜなら彼らにとっての脅威は彼ら自身の家にあるからです。悪魔〔el diablo〕は本国にいます。悪魔、悪魔彼自身はこの家にいます。

そして悪魔は昨日ここにやって来ました。

(拍手)

昨日、悪魔はここに来ました。正にこの場所に。ちょうどここに。〔十字を切る〕今日となっても未だに硫黄の臭いがします。私の目の前にあるこのテーブルは。

皆さん、昨日この演壇から、私が悪魔と呼んだ紳士である米国大統領は、ここに上り、まるで彼が世界を所有しているかのように語りました。全くもって。世界の所有者として。

私が思うに、精神科医を呼んで、米国大統領によって成された昨日の声明を分析してもらうのもいいでしょう。帝国主義の代弁者として、彼は特効薬を分かち合いにきました。世界の人々を支配し、搾取し、略奪する現行の形式を維持するために。

アルフレッド・ヒッチコック映画がシナリオとして使えるでしょう。タイトルを提案もしましょう。『悪魔の処方箋』と。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 22:34 | TrackBack(13) | ベネズエラ
2006年09月14日

ウゴ・チャベス、ブッシュ帝国への挑戦
〔Hugo Chavez challenges Bush's empire:Original Article in English/ZNet原文

フェデリコ・フエンテス〔Federico Fuentes〕Green Left Weekly;2006年9月9日

8月12日のベネズエラ大統領選挙運動の公式の開始は、社会主義者ウゴ・チャベス大統領によって率いられた革命的政府を打倒するワシントンの計画における新局面を開いた。

表向きには、12月選挙の反対派の主要候補は、現スリア州知事のマヌエル・ロサレスである。しかし本当の対決は、米国帝国主義という既に危うい帝国に対する更なる一撃に対していかなる手段によっても抵抗するであろうブッシュ政権の戦争屋達と、チャベスによって率いられた、展開している民衆の力の革命との間で行われる。ほぼ確実にチャベスが勝利することを示す世論調査と共に、彼の支持者らは大胆な目標を掲げた――彼が最後に対面した投票でチャベスが勝ち取った約500万票を凌ぐ、1千万票の確保である。

米国支配階級エリートは最悪の事態を恐れいている。すなわち、ベネズエラの「ボリバル革命」の二重の勝利である。12月の圧倒的勝利が、民衆第一の政策で企業を押しのける更なる為政権をチャベスに与える可能性があるのみではなく、10月にベネズエラは国際連合安全保障理事会の非常任議席を獲得する可能性もある。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:03 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2006年09月08日

ベネスエラの革命を推し進める女性達
〔Women Propel Venezuela’s Revolution Forward :Original Article in English/venezuelanalysis 原文

エレナ・モーラ〔Elena Mora 〕People's Weekly World ;2006年8月29日

カラカス、ベネズエラ――Venezuela: Ahora es de todos! 国旗の色で描かれた3人の子供の単純な図柄の下に書かれた、この標語は、「ベネズエラ:今、皆のために」という意味である。

この標語は、ボリバール革命とウーゴ・チャベス大統領の政府による、野心的で刺激的な社会的公正の目標を旨く捕らえている。政府は「21世紀の社会主義」の意味についての公共討議を来年開始するべく準備に入った。

そしてベネズエラの人々の問題と要求は莫大である。チャベス当選以前の20年間に、貧困は人口の80パーセントを包括して拡大し、富者と貧者の間の格差は世界最大のひとつであり、そして国内総生産は着実に下落していった。この「新自由主義的」緊縮財政と社会福祉の縮小の期間に、非識字が広く行き渡り、公衆衛生が重要問題ではなかったことは驚くことではない。

利益を守る女性達

その全てが変化し始めたのは、1999年にチャベスが公職に就いたときである。そしてそれ以来、多数の貧者や労働者階級の人々が、チャベス政権の公共事業計画や社会計画、また新しい社会を構築するよう一般の人々を参加させる努力から利益を得てきたのだが、女性達こそが最も益を得てきた。

2002年4月に、ベネズエラの裕福な支配階級の右翼勢力がチャベス大統領を打倒し、彼の野心的な新政府を挫折させようと試みた時、彼らのクーデターの試みが失敗したのは、数十万人のベネズエラ人が大統領を支持するために結集し、カラカスの政府庁舎やメディア支部周辺の街頭を数日の間占拠したからである。

ベネズエラ共産党(CPV)の党員で、女性の党任務の指導者であるエレナ・リナレス〔Elena Linares 〕と行われた最近のインタビューの中で、その重大な時に街頭に出た人々の大多数が女性であった、と彼女は述べた。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 21:06 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。