2006年08月18日

生存を超えて、社会的経済を真の代替案へと転換するベネズエラ
〔Venezuela: Going Beyond Survival, Making the Social Economy a Real Alternative :Original Article in English/GlobalResearch原文

マイケル・A・レボウィッツ〔Michael A. Lebowitz 〕Socialist Project E-bulletin ;2006年8月11日

奴隷の配給量は決して定められたことがない。したがって、資本主義内で労働者や市民が闘争を通して、社会労働の利益の内、ある程度の取り分を自らのために確保することが常に可能であった。とはいえ、資本主義グローバリゼーションと新自由主義の国家政策の攻勢は、過去の闘争の前進全てを徐々に侵害した。そしてそれらの勝利が束の間のものであることを知り驚いた者たちへの返答は、TINAというマントラであった――「他に選択の余地はない〔there is no alternative〕」と。それにもかかわらず、資本主義の攻勢による蹂躙が明白になるにつれ、抵抗が特に中南米において現れるようになった。最近世界中の働く人々は「より良い世界は可能である」ことの実例のため、この地域に目を向けている。

だが、この地域に注目することは妥当なのであろうか? ここで真の対案が現出しているのか、あるいはそれは単に、資本主義グローバリゼーションとの暗黙の契約における、よりマシな条件についての交渉なのか? 新たな社会的経済〔social economy〕、あるいは連帯経済が世界的資本主義の隅々で発展することは可能なのか、または国家やNGO〔非政府機関〕や教会の慈善によって育まれた協力の島々は単に、資本主義グローバリゼーションの経済・政治的な影響に対する積極的な「緩衝装置」なのであろうか?

新自由主義の国家政策に対する抵抗が、最近の重要な政治上の変化を生み出した5つの中南米諸国のうち、現在起きている変化がその社会的経済を資本主義に対する真の対案にすることが出来るのは、目下のところ唯一の事例のみである、と提案したい。その前提と推論を示そう。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:49 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。