2006年08月18日

生存を超えて、社会的経済を真の代替案へと転換するベネズエラ
〔Venezuela: Going Beyond Survival, Making the Social Economy a Real Alternative :Original Article in English/GlobalResearch原文

マイケル・A・レボウィッツ〔Michael A. Lebowitz 〕Socialist Project E-bulletin ;2006年8月11日

奴隷の配給量は決して定められたことがない。したがって、資本主義内で労働者や市民が闘争を通して、社会労働の利益の内、ある程度の取り分を自らのために確保することが常に可能であった。とはいえ、資本主義グローバリゼーションと新自由主義の国家政策の攻勢は、過去の闘争の前進全てを徐々に侵害した。そしてそれらの勝利が束の間のものであることを知り驚いた者たちへの返答は、TINAというマントラであった――「他に選択の余地はない〔there is no alternative〕」と。それにもかかわらず、資本主義の攻勢による蹂躙が明白になるにつれ、抵抗が特に中南米において現れるようになった。最近世界中の働く人々は「より良い世界は可能である」ことの実例のため、この地域に目を向けている。

だが、この地域に注目することは妥当なのであろうか? ここで真の対案が現出しているのか、あるいはそれは単に、資本主義グローバリゼーションとの暗黙の契約における、よりマシな条件についての交渉なのか? 新たな社会的経済〔social economy〕、あるいは連帯経済が世界的資本主義の隅々で発展することは可能なのか、または国家やNGO〔非政府機関〕や教会の慈善によって育まれた協力の島々は単に、資本主義グローバリゼーションの経済・政治的な影響に対する積極的な「緩衝装置」なのであろうか?

新自由主義の国家政策に対する抵抗が、最近の重要な政治上の変化を生み出した5つの中南米諸国のうち、現在起きている変化がその社会的経済を資本主義に対する真の対案にすることが出来るのは、目下のところ唯一の事例のみである、と提案したい。その前提と推論を示そう。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 21:49 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2006年08月04日

ベネズエラの協同組合革命
〔Venezuela’s Cooperative Revolution :Original Article in English/venezuelanalysis 原文

ベッツィー・ボウマン&ボブ・ストーン〔Betsy Bowman and Bob Stone 〕Dollars & Sense ;2006年7月29日

15人の孫を持つ50代の女性サイダ・ロサスは、〔ベネズエラ首都〕カラカスの新しく作られた織物協同組合、ベネスエラ・アバンサで働いている。この協同組合の209人の労働者の大部分は、この地域の以前は無職の女性たちである。西カラカスの丘陵の急な斜面を取り囲む彼女達の住居は、ほぼ全て自分達で建てた。

サイダは1日7時間、週5日働き、従業員全員が自ら票決した均一収入である117ドルを毎月受け取っている。これは公式に設定された月給188ドルの最低賃金よりも遥かに少ない。これは「[政府の新規事業]ローンを返済するためです」と彼女は説明した。ベネスエラ・アバンサの共同組合員は、方針を決定する月に一度の総会を開いている。大部分の生産者協同組合と同様に、彼女達に支払われているのは給料ではなく、収益の前払いである。国家への返済をするため、労働者が最低賃金よりも低く自らに支払いをしているのは良くない状況である、とサイダは認めた。「時と共に労働状況が良くなることを望んでいます」と彼女は述べた。

協同組合労働者が共同して事業を経営するのを準備するため、国民経済省(MINEP )は協同組合主義、生産と経理の技術を養成するべく、彼らに小規模の奨学金を与えた。「私の家族は以前より遥かに幸せです――私は書き方を覚えて、3学年目の修業証書を持っています」と彼女は言う。

サイダはいま、更に大きな協同組合組織網の一部となっている。彼女の工場は地元のレンガ職人の協同組合によって作られた2つの生産者協同組合のひとつであり、それは診療所、スーパーマーケット協同組合、学校、コミュニティーセンターと共に、いわゆる「内発的発展の中核」を構成している。この中核が、平等な経済発展を促進する国の計画の中心に位置している。

米国メディアのベネズエラについての報道は、この国の石油と――それと無関係ではない――ウゴ・チャベス大統領とホワイト・ハウスとの間の舌戦に集中する傾向がある。例えば、チャベスはジョージ・W・ブッシュを「ミスター・デンジャー」と好んで呼ぶ。それはあるベネズエラの古典小説〔『ドニャ・バルバラ(Doña Barbara)』ロムロ・ガジェーゴス(Rómulo Gallegos)著〕の野蛮な外国人への言及である。それよりも少々ぎこちなく、ドナルド・ラムズフェルド国防長官は最近チャベスをヒットラーと比較してみせた。このことが面白いネタになる一方で、記者達はベネズエラにおける主要な出来事を見逃してきた。数十万人のサイダ・ロサスのようなベネズエラ人の経済生活を作り変えた、協同組合の前例のない進展である。カラカスへの最近の訪問で私達は、協同組合員や、ベネズエラの経済を下から切り開くこの新しい試みに関わっているその他の人々と話をした。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:50 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。